魔法少女まどか☆マギカはアニメがヒットして漫画になった作品です。評判が良いだけに、一押しの作品ですね。

お気に入りの漫画、バクマン
サイト内検索(by Google)
お気に入りの漫画、バクマン

アニメから漫画になった魔法少女まどか☆マギカ

大人気アニメとなった魔法少女まどかマギカは漫画にもなった作品です。通常は漫画がヒットしてアニメになるわけですが、最近はオリジナルのアニメも多数登場している背景からか、逆転現象が起きていますね。特にこの作品に関しては、「まんがタイムきらら☆マギカ」という魔法少女まどか☆マギカを専門に扱う漫画雑誌が登場するほどでしたので、バリエーションも多く、まどかマギカを愛するファンには盛りだくさんの漫画雑誌でした。

アニメのあらすじは、主人公が突然現れた小動物に魔法少女にならないかと声をかけられる。どんな願いも叶えられるという甘い言葉とは裏腹に、魔女を退治するという大変な仕事だった。だが、人のために魔法少女の道を選んでしまった友人たちを助けるために、主人公も魔法少女になっていくが、その先にある大きな問題に直面し、それに立ち向かいというものです。漫画では巴マミが主人公となり、新規の作品となっていますので、新鮮に読むことができます。

初めは深みのない話と思いきや、実は非常に奥深い設定が秘められており、見ていくとどんどんこの世界に引き込まれていきます。特に社会に訴えたいようなものや、社会風刺もなく、計算で作られた作品ではなく、天才的で直観的な作風だと思います。誰しもが解決できないような大きな問題を最後に解消し、主人公が犠牲になるところなどは、漫画界の王道を行っていると言ってよいでしょう。人気が高いだけでなく、素晴らしい作品でしたね。

Copyright (C)2017お気に入りの漫画、バクマン.All rights reserved.