漫画は難しいことでも理解しやすくしてくれます。また、世界でも愛され、グローバル社会に貢献しています。

お気に入りの漫画、バクマン
サイト内検索(by Google)
お気に入りの漫画、バクマン

漫画は世界で愛されている

昔は漫画を読むことに反対する親が多かったようです。理由の一つは、絵が多いため想像力が育まれないからということでした。しかし現在ではその価値が評価され、社会的ステータスが上がっています。絵が多いということは、一方で、誰にでもわかりやすいというメリットがあります。そのため文字だけだと読む気にならないという人でも興味を持って楽しむことができます。実際、コミックを読み始めて読書が好きになり、難しい本でも読めるようになったという人は多いものです。

また、近年の傾向としては、漫画は娯楽だけにとどまらず、教育の分野でも大いに活用されています。例えば化学などの難しい分野の書物は、多くの人が敬遠して読もうとしないものです。しかしコミック形式で描かれていると、興味をそそられて読んでみようかという気になります。難しい内容でもわかりやすく、また、楽しく説明しているので最後まで飽きることはありません。このことは私達の知識の幅を広げるのに役立ちます。

それから今日では、世界中で楽しまれるようになってきたことも特徴的です。特に日本のものは芸術性の高さが評価されて、多くの人に愛されています。そのため世界でも日本のキャラクターを知っている人は多くみられます。そのおかげで外国の人と話すときに共通の話題を持つことができ、話がはずみます。外国の人と話がはずむということは、グローバル社会においてとても大切なことです。このことから漫画は世界の人とのコミュニケーションにも貢献していると考えられます。

Copyright (C)2017お気に入りの漫画、バクマン.All rights reserved.